こんばんわ。東京事務所の赤田です。

タイトルで既に語りたいことは大体語ってしまった感がありますが、
今回のTipsは、

イベントの募集や応募フォームなど、フォームで入力してもらう内容は大体同じだけど、

イベントごと、応募ごとに、それぞれ別管理のフォームを
大量に用意したい!


サイトの運用者がプログラマーでなくても
自力で
任意のフォームを用意したい!


といった場合にお役立ちな情報です。


WordPressでは、お問い合わせフォームを用意するプラグインといえば
Contact Form 7が有名ですが、MW WP Formも負けずに有名なプラグインです。

確認画面が表示できるほか、完了画面や自動返信メールを細かく設定できたりと、
そのカスタマイズ性の高さから中級者向けのイメージですが、
日本語での公式ドキュメントが充実していたり、解説サイトも沢山あるので、
導入するだけであればそこまで難しくはないでしょう。

一方、Duplicate Postは「記事や固定ページを複製できる」という単機能に特化した
プラグインになります。

ここからがTipsなのですが、実はこのDuplicate Post、MW WP Formの設定内容も
複製できてしまいます。
MW WP Formの設定がカスタム投稿タイプで管理されているため、通常の記事と
同じように複製が可能なんですね。
mw form


そうするとあとは簡単な話で、MW WP Formでひな形となるフォームを1つ作っておけば
それを元にフォームをいくつでも複製できます。

MW WP Formはフォーム毎に、送信されてきたデータをDB保存しておくことが出来ますし、
CSVでのダウンロードにも対応しています。

本来なら特別な開発が必要な要件でも、うまくプラグインを組み合わせることで、
解決できる場合もあります。
プラグインを使いこなして、上手に効率化を図っていきたいですね。