2年ほど前に使っていたiPhone6 Plus
検証機として社内においてあるのですが、
先日久しぶりに使おうと思ったら、
バッテリーが膨張して液晶が歪んでました。

DSC_0493
手にとって横から見ると、こんなに膨れ上がってた。

DSC_0498
正式な修理は結構かかるらしい。 
バッテリー自体はサードパーティ製なら2000円程で売られていたので、
自分で交換することにしました。



DSC_0520

左側がバッテリー
右側が専用の治具
合わせて3000円少々でした。

iPhoneを開けるには、ライトニングコネクトの左右のネジを外します。
DSC_0505

最初見た時、普通のプラスのネジかと思ったんだけど、
実は星型のネジでした。
老眼恐るべし。
危うくネジ山が舐めてしまうところだった・・・

DSC_0509
黄色のドライバーは、星型のドライバーです。
iPhone以外で使われることはあるんだろうか。

吸盤は、液晶部分を開く際のキッカケです。

DSC_0511

 とはいえ、液晶が膨張してるせいで、吸盤必要なかったかも?
ヘラを使いながら慎重に開けていきます。 

DSC_0513
この時、 画面の上部を開こうとしないこと。

DSC_0514
このように、上部はつながってますので、
ここはこのままにして、 作業を進めます。

DSC_0522
バッテリーは本体にガッツリと両面テープで固定されてます。
慎重に力を加えながら、外していきます。
この作業が一番大変で、気を使います。

DSC_0525
完全に剥がす前に、バッテリーコネクターを本体から外します。
右上の金具で、コネクタと本体を繋いでます。
止まっているネジを2箇所外せばコネクタはとれます。
このネジはプラスでした。 
コネクタは軽くテープで止まっている感じです。

DSC_0527

外すとこのような感じです。
両面テープはきれいに剥がしましょう。

DSC_0529
新しいバッテリーを両面テープで固定し、
コネクタを接続。
コネクタ固定用の金具をネジで止め、液晶をゆっくりと戻します。

最後に、星型のネジで液晶を固定して完了です。

DSC_0531
ちゃんとフラットに戻りました。

 DSC_0530
無事、電源も入ったので一安心です。

iPhoneのバッテリーが膨張する原因は、
・CPU負荷がかかる
・充電したまま 
・温度が高い場所に保管
このあたりの複合条件で発生するとか。
なるほど思い当たりまくりです。

となりに置いてあるiPhone5sも少し膨れ上がっていたので、
こちらも修理しました。
保管場所、考えないと。。